尾崎建設株式会社

先輩インタビュー02

ホーム > 採用情報 > 先輩インタビュー > 02

会社一丸となり造り上げる達成感は、何事にも代えがたい。

本澤 誠

2008年10月入社 土木作業員

モノづくりが
好きだからこそ、
働きがいを感じます。

土木業界に関わって、28年経ちます。現在は堤防を補強する作業の真っ只中。足場づくりに始まり、型枠工事、溶接工事などさまざまな作業を行っています。この仕事の魅力はなんといっても「モノづくり」の面白さに尽きますね。ひとつひとつの作業を確実に丁寧にやり遂げ、現場が完成したときの達成感は格別です。

尾崎建設は
着々と進化中。
今後が楽しみな会社。

尾崎建設での社歴はかれこれ12年になります。私が入社したころは業界的にも大変な時期で、下請け仕事もいとわず、なんでもこなしていました。社長の方針で、どんな仕事にも真摯に向き合ってきた結果、今では河川、道路をはじめとする大きな公共事業がどんどん増えています。尾崎建設は、これからもっと大きくなり面白い仕事が増えていくだろうと期待しています。

社長をはじめ、
風通しのよい働きやすい会社。

私はいわゆる出戻りで、一度ほかの建設会社で働きましたが、尾崎建設に戻ったとき、社長が温かく迎え入れてくれたことが忘れられません。社員をとても大切にしてくれる会社で、給与体制がしっかりして安心して働けるうえ、働き方改革で、ここ数年は有給をしっかりと取れています。建設業界にとってこれは画期的なこと。ほかの会社ではなかなかない体制なので、これは自慢できるところですね。